広告、サイト内プロモーション、CRMなど、すべてマーケティング活動の一環でありながら、今までは縦割りでデータ連携も疎かにされていたそれぞれの施策。それらをワンデータでしなやかに繋ぎ、「すべてはユーザー満足度のため」という商売の原点に立ち返ることで、WEBマーケティングのあり方を再定義していきたいと考えています。

OPUSとは? ~国内初の統合マーケティングサービス~

OPUS

OPUSはWEBサイトのマーケティングに必要なさまざまなユーザーアプローチ(インターネット広告、サイト内プロモーション、および購入後のCRM等)を包括的に一元管理できる国内初のマーケティングサービスです。
(※OPUS は Omotenashi Platform for User Satisfaction の意)

現状のWEBマーケティングの問題点 ~縦割りの非効率なマーケティング~

今まではインターネット広告(外部プロモーション施策)とサイト内販促(内部プロモーション施策)およびその後のCRM(ロイヤルティ施策)とがそれぞれ縦割りで分断されており、顧客理解のために蓄積されたデータも有効に引き継がれておらず、非効率なマーケティングとなっていました。

OPUSが解決できること ~ワンデータで統合し効果改善~

OPUSはこれらの施策をワンデータで統合し、データ資産のシームレスな有効活用を促進することで、結果としてCVRのアップ、CPAのダウン、LTVの最大化など、相乗的にマーケティング効果を引き上げることに貢献します。

この複数の施策 をワンデータで繋いで統合することで、ユーザー満足度の最大化を図り
マーケティング効果の大幅改善を実現させる国内初のモデル、
それがです。

  • ※1 : Phase1ではサイト内販促まで統合
  • ※2 : Phase2でCRMまで統合

OPUSの共同開発パートナー ~株式会社ブレインパッド~

OPUSは国内トップシェアのDMPサービス「Rtoaster」を提供する株式会社ブレインパッドと共同開発しました。ビッグデータ解析のプロフェッショナルであるブレインパッドと広告アプローチのプロフェッショナルであるTAGGYが組むことで、ユーザーを最も正しく理解し、その状態変化に応じてリアルタイムにメッセージを最適化させた多彩なマーケティングアプローチが可能となりました。

OPUSのユニークさ

広告編

「Rtoaster」のパーソナルデータとの連携により、たとえばサイト内レコメンドのデータがサイト外でもレコメンド広告(ダイナミックリターゲティング広告)として使えるようになり、最も効率よくユーザーを自社サイトに呼び戻すことが可能となります。さらにユーザーのサイト内での振る舞いデータがそのまま広告クリエイティブ生成にも活かせるため、たとえばカートの中に商品が残っているユーザーにはその商品の購入をリマインドしたり、実際に購入した履歴のあるユーザーには併売やリピート促進に繋がるCRM目線でのオファーができるなど、ユーザーステイタスに応じてリアルタイムに表示アイテムを最適化することができる国内初の広告モデルが実現しました。

サイト内販促編

またサイトランディング後の販促メニューも単なる商品のレコメンドのみならず、クーポン配信、チャット誘導などのWEB接客やコンテンツ最適化など、これらも「Rtoaster」のパーソナライズデータと連携してユーザーに最適なタイミングで最も欲している情報をオファーすることが可能となり、パフォーマンス改善に大きく貢献することができます。

OPUSは簡単導入
~最短1週間で広告配信~

すでに「Rtoaster」を導入済みのお客様であれば、最短1週間でレコメンド広告の配信が可能です。通常は導入までに時間を要すデータフィード生成やクリエイティブ作成など、当社側ですべて対応いたします。

お問い合わせはこちら